トップへ > お金を借りたいなら…このカードローンも要チェック!! > エポスカードの良い点・悪い点・キャッシング機能を解説しました

エポスカードの良い点・悪い点・キャッシング機能を解説しました

インターネットで買い物する機会が増えてクレジットカードの出番が増えていませんか?

私はネットショッピングだけでなく、よくおサイフケータイで支払いをするので、簡単にオートチャージのできる、エポスカードはとても便利です。

そしてエポスカードには、急な出費のときに便利な「キャッシング機能」もついています!

こんな便利なエポスカードですが、実はファッションが好きな方に特におすすめのカードです。

この記事では、「エポスカード」と「エポスカードのキャッシング機能」について詳しくご紹介します!

エポスカードとは?

首都圏でファッションビルを展開しているマルイ(OIOI)が自社で運営していたクレジットカード「赤いカード(旧:マルイカード)」の後継として登場したのが、この「エポスカード」です。

入会金・年会費無料な上、マルイの店頭で気軽にカード発行ができるので、首都圏で買い物をする女性には身近なクレジットカードです。

楽天カードなどと異なりVISAしか選べないのですが、国内では大抵のお店でVISAが使えるので、海外旅行でもしない限りはエポスカード1枚でも十分便利に使えます。

エポスカードのメリット どんな人におすすめ?

マルイといえば、女性に大人気のブランドを多く扱うファッションビルです。

エポスカードは、マルイのサービスカウンターで即日カードを発行してくれます。

その上、入会特典としてその日から使える2000円分のクーポン券までもらえます。

実は私、このクーポン券につられてエポスカードを作りました。

店頭で使い切れなかったクーポン券は、マルイの通販サイトでも利用することができるので無駄がありません。

買い物でポイントが貯まるのは当たり前ですが、エポスカードを持っていると年4回開催される「マルコとマルオの7日間」期間中、マルイで10%OFFでショッピングができるんです!これは本当に大きいです。

エポスカードはマルイで買い物をすることの多い方にメリットの多いクレジットカードです。

エポスカードのデメリット

エポスカードのデメリットは、マルイ以外の買い物ではポイント還元率が低いことです。

  • 楽天カードのポイント還元率
    どこで買い物しても100円で1ポイント(1円分)貯まる
    ⇒ ポイント還元率は1%

  • エポスカードのポイント還元率
    マルイで買い物した場合は1000円で2ポイント(10円分)貯まる
    ⇒ ポイント還元率は、楽天カードと同じ1%です。

  • マルイ以外で買い物をした場合は、1000円で1ポイント(5円分)貯まる
    ⇒ポイント還元率が0.5%です。

ポイント還元率が低いけれど、マルイでのお得に買い物ができると思って私はエポスカードを使い続けています。

マルイでのお買い物ではエポスカードを使って、マルイ以外の買い物では楽天カードを使う、という風にカードを使い分けるのもいいかもしれません!

便利なエポスカードのキャッシング

マルイでお得なエポスカードですが、実は便利なキャッシング機能があります。このキャッシング機能は、エポスカードの発行と同時に申し込みができます。

もしキャッシング機能を申し込んでいない場合でも、後からマルイの店頭で30分で申し込みができます。

いかにもキャッシングしています!という場所だと周囲の視線も気になりますが、マルイの店頭で申し込みができるのでキャッシングが初めての方でも申し込みやすいです。

エポスカードは海外でも使えるので、海外旅行中にお金が足りなくなってしまった!というときにも便利です。

海外の空港や駅・繁華街などのATMで使えて、24時間現地通貨をキャッシングできる場所もあります!全てのATMで24時間使える訳ではないので、その点はご注意ください。

エポスカードのキャッシング機能が付いているかどうかは、ATMに「VISA」や「PLUS」のマークがついているか確認すればOKです。

キャッシング機能は誰でも使えるの?

キャッシング機能を使うときは審査があります。収入がない方は残念ながら利用することができません。

これは、2010年から貸金業法で年収の3分の1を超えるお金を貸してはいけない、という法律ができた為です。

年収があれば、アルバイトをしている学生さんは利用ができる可能性があります。

エポスカードを持っているけれど、キャッシング機能を申し込んだかどうか忘れてしまった場合は、インターネットで簡単にキャッシングできる金額が確認できます。

エポスカードには「エポスNet」というエポスカード会員サイトがあり、ここのサイトからエポスカードに関する色々な情報を確認することができます。

利用明細もエポスNetから確認ができます。

エポスNetを使うには、新規登録の手続きが必要ですが、ログインするだけで50ポイント(250円分)もらえるので、お得です!

金利、限度額は?

エポスカードでキャッシングした場合、金利は18%です。

例えば1万円借りて30日後に返すと利息は147円です。限度額の範囲であれば、何度でも利用できます。

金利18%というのは、他のキャッシングに比べると少し高い金利です。他社よりキャッシングが利用しやすいというメリットはありますが、その分高めの金利設定です。

キャッシングを利用するとき、担保や保証人は不要です。

エポスカードのキャッシング限度額は、前述の通り年収の3分の1が目安です。今、限度額がいくらに設定されているのかは、エポスNetで確認ができます。

キャッシング利用可能残高は、マルイ店頭にある「エポスATM」で確認することもできます。

キャッシングの法律が変わり、キャッシング可能枠と他社からの総借入額が100万円を超える場合は、給与明細や源泉徴収票などの収入証明書類を提出する必要があります。

エポスカードのキャッシング可能枠が50万円を超える方も収入証明書類を提出する必要がでてくるので、もし50万円を超える場合は、あらかじめ直近2ヶ月分以上の給与明細書などを用意しておきましょう。

どうやってキャッシングするの?

さて気になるキャッシングの方法ですが、マルイ店頭にある「エポスATM」の他、全国のコンビニでもキャッシングができます。

Netキャッシングを利用すれば指定した口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

どうしても店頭やコンビニ行けないときは、このNetキャッシングが便利です。

インターネットを利用すれば、エポスカードの申し込みからキャッシングまで全て自宅から行うことができるのもエポスカードの魅力です。

キャッシングの金額は1,000円〜千円単位で利用ができます。

また、キャッシングはコンビニや銀行などの提携先ATMでも利用ができますが、金額に応じてATM利用手数料がかかります。

手数料は、1万円以内なら105円/件、1万円を超えると210円/件です。

もし手数料を節約したい場合は、マルイに行って、エポスATMからキャッシングを利用しましょう!エポスATMからだと手数料は無料です。

実はエポスATMは、マルイ店頭以外にもあるんです。東京都だと全部で90カ所もあります!

エポスATMの場所は、エポスNetから検索ができます。エポスATMは年中無休で6:00〜26:00まで利用ができます。

深夜帯でも使えるのは心強いですね。

どうやって返済するの?

返済は、キャッシングと同様にエポスATMや全国のコンビニで行うことができます。1回払いも可能ですが、毎月定額で返済するリボ払いも選択することができます。

ちょっとだけ借りて、すぐ返済したい!という方は1回払いを選択することになりますが、1回払いは1回あたりのキャッシング金額が1万円以上からになります。

また、エポスATMだと問題ないのですが、提携先ATMだと1回払いが利用できない所もあります。

確実に返済したい場合は、エポスATMに行って返済するのが安全です。

キャッシングをした時1回払いを選んだけれど、やっぱりリボ払いで返済したい!と思ったら、後からリボ払いに変更することができます。

リボ払いに変更するには、エポスNet、エポスカスタマーセンター、マルイのカードセンターで変更ができます。エポスNetだと、一番早く変更ができるのでおすすめです。

マルイのカードセンターでリボ払いに変更したときに「お支払い予定一覧」をもらえます。

どんな風に返済することになったか紙で確認ができるので、返済方法に心配がある方はマルイのカードセンターで変更すると安心です。

ボーナスなどが入ったときに繰上げ返済することも可能です。繰上げ返済をしたい場合は、エポスATMやロッピーが設置されているローソンで手続きができます。

返済を口座引き落としにしている場合、繰上げ返済はエポスNet、エポスカスタマーセンター、マルイのカードセンターで手続きができます。エポスATMでは手続きができないので注意してください。

また、エポスカード会員サイトでは、キャッシング返済シュミレーションが簡単にできるので、キャッシングを検討している方は一度シュミレーションしてみてください。

いつまでに返済できるのか確認してからキャッシングすると安心して利用がでますよ!

エポスカードのキャッシングと他のキャッシングを比較してみた

ここまでエポスカードの分析をしてみましたが、他社のキャッシングとの比較をしてみたいと思います。

キャッシングには、エポスカードのような「クレジットカードのキャッシング」の他に「消費者金融のキャッシング」や「銀行のカードローン」があります。

ここでは、エポスカードのキャッシングと「⇒ 【プロミス】今すぐお申込はこちら!
【プロミス】さらに詳しい口コミ・情報はこちら消費者金融のキャッシング)」と銀行のカードローンの「三井住友銀行カードローン(銀行のカードローン)」を比較してみたいと思います。

申し込みのしやすさはプロミスが1番

消費者金融=怖い、というイメージもありますが、プロミスは女性でも利用しやすいように「女性専用ダイヤル」を用意していたり、女優さんが出演しているCMなどで誰でも親しみがあるキャッシングです。

またプロミスは、インターネットが使えない方でも店頭や電話で申し込みができたり、だれにも会わずに契約ができる郵送での申し込みが選べるなど、申し込み方法が沢山選べるので、老若男女に利用がしやすいキャッシングです。

三井住友銀行カードローンは、プロミスと同じようにCMも流していますが、女性専用ダイヤルなどはないので、銀行でお金が借りられるの・・・?と不安に思う女性には、少し敷居の高いキャッシングです。

エポスカードは、元々マルイに行く女性に特化したカードなので、男性にはあまり縁がありません。

キャッシングのことを殆ど広告していないので、エポスカードにキャッシング機能があることを知らない方も多いです。

ですがエポスカードは、マルイ店頭でエポスカードの発行と同時にキャッシング機能が使えるようになるので女性には利用がしやすいです。

金利が1番安い三井住友銀行カードローンが本当にお得なの?

続いて、金利を比較してみます。

最高金利が1番安いのは、三井住友銀行カードローン(4.0%〜14.5%)です。ここでは、実際の金額も比較してみたいと思います。

一度に返済するのは大変なので、分割で返済する方も多いではないでしょうか?

例えば、30万円キャッシングして2年で返済した場合の金利を比較してみます。

30万円キャッシングした場合の金利は、それぞれ下記です。

例)
借入額:30万円
返済回数:24回

金利と利息の合計はそれぞれ下記です。

三井住友銀行 14.5% 47,385円
プロミス 17.8% 58,746円
エポスカード 18% 62,197円

同じ金額を借りてもエポスカードと三井住友銀行では、1万5千円くらいの差が出てしまいます。長期間の返済になる場合は、少しでも金利が安い方を選んだほうがいいですね。

  金利 限度額 申込から融資まで 審査
エポスカードのキャッシング 18% 不明 最短即日 普通
プロミス 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日 普通
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 800万円 最短即日 厳しい

まとめ

いかがだったでしょうか?エポスカードのこと、キャッシングのこと、少しでも理解して頂けていれば幸いです。

私はエポスカードの申し込みをする前「近くにマルイがないから」と申し込みを迷っていました。そんな私がエポスカードって便利だな!と思ったのはマルイの通販サイトがあったからでした。

混んでいる電車にのってマルイまで行かなくても、同じ商品がマルイの通販サイトで購入することができます。もちろんエポスカードも使えるので本当に助かっています。

エポスカードには、もちろんメリット・デメリットありますので、クレジットカードやキャッシングの利用は、ポイント還元率や利息をよく比べて使い分けるのが良いですね!