トップへ > 知ってなるほどQ&A > ろうきんって何?他の金融機関との違いと住宅ローンのメリット・デメリット

ろうきんって何?他の金融機関との違いと住宅ローンのメリット・デメリット

銀行や郵貯にくらべると一般的に馴染みの薄い「ろうきん(労働金庫)」とはどんな団体なのでしょう?

銀行など他の金融機関との違いやろうきんならではのメリット、デメリットについて調べてみました。

ろうきんは労働者のための金融機関

ろうきんは労働組合や生協などの非営利組織が出資してつくった相互扶助を目的とした金融機関です。

ろうきんの総合口座、普通預金口座は会員でなくても開設できますが、各々のろうきんの営業地域に住んでいる、もしくは働いている必要があります。

融資などを受ける際には会員となる必要がありますが、以前より取引条件が緩和されていることが多いので、お近くのろうきんに問い合わせてみましょう。

ろうきんと他の金融機関との違い

銀行は株式会社ですので利益を上げることが企業としての目的になります。

主に企業を相手に資金を貸し付け、得た収益を出資者である株主に配当することで成り立っています。

それに対してろうきんは非営利の協同組織であり、利益を上げることを第一の目的としていません。

ろうきんは、いわば労働者のための金融機関です。

会員である労働者に低金利の住宅ローンやマイカーローンなどの貸し付けを行い、収益は会員に還元します。

ちなみに、信用金庫は地域の相互扶助を目的とした金融機関で、主な取引先は中小企業や個人です。利益第一主義ではなく、会員や地域社会の利益が優先されます。

そのため信用金庫の資金は限定された営業地域の発展に生かされています。

信用組合は信用金庫の元になった組織です。

信用金庫に比べて更により狭い地域に限定して営業しており、業務内容も中小企業向けのものが多いのが実情です。

ろうきんの住宅ローンのメリットとデメリット

ろうきんの住宅ローンは金利が低いと以前から評判でしたが、最近では大手銀行ネット銀行の参入などにより、より金利の低い商品も登場してきました。

それでもろうきんが選ばれる理由は、事務手数料の安さです。

ろうきんのほうが若干金利が高い場合でも、事務手数料が安いので、総額で計算するとろうきんの方が支払総額が少なくなる場合が多々あるのです。

ただし、ろうきんの住宅ローンは会員でなくても利用できますが、一般の利用者の場合、会員と比べると保証料がかなり高くなります。

この場合、保証料を分割ではなく一括前払いにすることで多少安くすることができるので検討してみましょう。

ろうきんでは、借入れのための条件も銀行とは大きく異なります。

一般的な銀行では利用条件として設定されている年収は300万円以上のところが多いですが、ろうきんなら安定的な継続年収があれば最低年収150万円であれば借りられる可能性があります。

ろうきんを上手に使おう

ろうきんは労働者のための非営利の金融機関です。会員の生活向上のために様々なサービス・商品が用意されています。

特に住宅ローンは銀行の住宅ローンと比較してもお得になる場合があると言われていますので検討の価値はあります。