トップへ > まずは基本を知ろう > カードローンて何?種類と特徴、申込み前に知っておきたいことまとめ

カードローンて何?種類と特徴、申込み前に知っておきたいことまとめ

最近テレビでも頻繁に流れる「カードローン」のCM。

カードローンって一体どういうものなんでしょうか?

また、カードローンは、銀行系・信販系・消費者金融系と、さまざまな金融機関が行なっていますが、その違いは何なのでしょうか?

今回は、カードローンの特徴と、カードローンを利用する際の注意点などについてまとめています。

カードローンってなに?

カードローンとは、銀行や信販会社、消費者金融などが発行するカードを通じて、決められた限度額内でお金が借りられるローンのことです。

もちろん無担保・無保証人で借りることができます。

申し込んだ際に審査を受けますが、それによって適用される限度額、金利等の条件が決まります。そして限度額内であれば、何度でも借入、返済を繰り返すことができるのです。

返済は基本的に分割払い(リボルビング払い)となります。
カードの発行手数料や年会費もかかりません。
また、借り入れたお金の用途は基本的に自由です。

「キャッシングとカードローンって何が違うの?」と思われる方もいるかもしれませんが、基本的には同じです。

クレジットカードキャッシシングとの違いは?

クレジットカードの多くは、キャッシング機能が付帯しています。

以前は、クレジットカードでキャッシングをすると「翌月一括返済」が基本だったようですが、最近はリボ払いにできるものがほとんどなので、カードローンとの違いはほとんどないようです。

金利の相場についても、クレジットカードと消費者金融はほとんど同じです。

既にキャッシングが付帯したクレジットカードを持っているなら、改めて審査を受けなくても、すぐATMなどでお金を借り入れることができます。

カードローンの種類と特徴

カードローンの運営会社は、「銀行」「信販」「消費者金融」の3つに分類できます。

  銀行 信販 消費者金融
金利(上限)の相場 〜15% 〜18% 〜18%
限度額(最大)相場 500〜800万円 300〜500万円 300〜500万円
審査スピード(5段階評価) ★★ ★★★ ★★★★★
審査の厳しさ(5段階評価) ★★★★★ ★★★ ★★
総量規制の対象か 対象外 対象 (ただし、クレジットカードのショッピング枠は対象外) 対象
※ 総量規制とは、個人の借入の総額が、年収の3分の1以下に制限されること。

悪質業者に要注意

銀行、クレジットカード会社、あるいはアコムやプロミスといった大手消費者金融を利用するのであれば特別注意する必要はありません。

しかし、中小の消費者金融を利用する際は、悪質業者に注意しなければなりません。

  • キャッチコピーに注意

    借りやすさを誇張した表現には注意が必要です。「他社で断られた方歓迎」「ブラックでも大丈夫」とうたっている業者はまずあやしいと思ってください。

    【注意すべきセールスコピー】

    • ブラックOK
    • 多重債務者OK
    • 必ず貸します
    • 年齢不問
    • どなたでも
    • 無条件、無審査で○○万円融資可
    • 職業、他社借入件数など一切不問
    • 自己破産歴のある方でも大丈夫
    • 債務整理した方も歓迎
    • 失業中の方でも借りられます
    • 他社で断られた方もまずは相談ください

  • 「登録貸金業者情報検索」をチェック

    申込みをする前に、金融庁の「登録貸金業者情報検索」にアクセスして、登録業者かどうかを確認してください。

    http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php
    このサイトに登録されていない業者は、いわゆる違法「闇金融」です。

    業界の自主規制団体である日本貸金業協会でも、「悪徳業者検索」を提供しています。問い合わせや申し込みの前に必ずチェックしてみましょう。

    http://www.j-fsa.or.jp/personal/malicious/index.php

  • 書類はくまなくチェック

    綿密なチェックの上、この業者は大丈夫だと確信した後でも、申込み書類や約款、契約書の内容はくまなく確認するようにしましょう。

    契約書の文字は小さくて、文面も難解です。それでも最後まで目を通すようにしてください。

    一度サインしてしまうと、取り消すのは容易ではありません。自分が納得した上で契約してください。

カードローンの審査を受ける前に知っておきたいこと

  • 既に他社から何件も借りている場合は審査通過が難しい

    既に4件以上の借入があると新たなローンの審査に通るのは難しいとされています。(住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、奨学金などは除く)

    3件で黄色信号、1〜2件ならまだ大丈夫、というのが一般的のようです。ただし実際は、審査を受けてみないとわからないのが正直なところです。

  • 過去のローン利用時にトラブルがあった場合も審査通過が難しい

    • 過去に2ヶ月以上ローンの返済を滞納したことがある
    • 過去に債務整理、自己破産をしたことがある

    以上のような場合も、審査通過が非常に難しくなります。

  • 短期間で複数のカードローン、キャッシングに申し込むのはNG

    「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」とばかりに、手当たり次第にカードローンを申し込もうとする人がいます。

    ただ、クレジットカードやローン、キャッシングを短期間の間に複数申し込んではいけません。1か月の間に3社以上に申し込むと、それだけで審査に通りづらくなります。

    また、一度そうなってしまうと、その後半年間は審査に通りづらい状況が続きます。クレジットカードやローンを申し込む際は、ひと月に1社、多くても2社のペースで申し込むようにしましょう。