トップへ > まずは基本を知ろう > 《キャッシング利息の計算方法》金利・利息の基本について学ぼう

《キャッシング利息の計算方法》金利・利息の基本について学ぼう

キャッシングを検討するときにまず気になるのは、

「毎月いくら返済することになるのか?」
「最終的にいくらお金を支払うことになるのか?」

ではないでしょうか。つまり、毎月の返済額、返済総額についてですね。

それを計算するためには、「金利」について考慮しなければなりません。そこで、今回はキャッシングの金利の基礎、基本的な計算方法について説明していきたいと思います。

金利から計算される利息額

キャッシングの金利は、通常「実質年率」です。
実質年率とは、借りているお金(元金)に対し、1年間でつく金利(%)のことです。

法律で、実質年率の上限は18%までと制限されていますので、これを例に金利の計算方法を紹介します。(ほとんどの消費者金融は、実質年率の上限金利18%となっています。)電卓を用意して一緒に計算しながら考えるとわかりやすいかもしれません。

例えば、5万円をキャッシングしたとしましょう。
金利は18%ですので、その場合の1年間にかかる利息は

50,000 × 0.18(18%) = 9,000円

となります。
仮に5万円を1年間借りた場合、利息は9,000円ということです。

したがって、その場合の返済総額は、

50,000 + 9,000 = 59,000円となります。

ただ、金利は通常、借りている日数によって、日割り計算で計算されます。
計算方法は、

借りているお金(元金)×金利÷365(1年の日数)×借り入れ日数(借りた日から返済日までの日数)

例えば1ヶ月後(30日後)に5万円を返済した場合、

50,000 × 0.18(18%) ÷ 365×30 = 739.7260…

小数点以下を切り捨てて考えると、利息は739円。
つまり、この場合の返済総額は50,739円となるのです。

毎月一定額を返済するリボルビング払い

借りたお金を一括で返済する場合、利息額の計算方法は前項で紹介した方法でOKです。しかし、通常 キャッシングを利用する人は、返済を分割で行うことが多いと思います。

多くの消費者金融は、分割で返済する場合の返済方法として「リボルビング払い」を採用しています。「リボルビング払い」とは、「毎月決められた金額を返済していくという返済方法」です。

リボルビング払いには、主に下記の2つの方式があり、

元利均等方式
元金均等方式

どちらも少し複雑な計算式で返済金額を算出します。

返済までの日数によって利息額が変わることは最初の項目で紹介しましたが、返済方式の種類によっても利息額は変わってきます。次の項目で、以上2つの返済方式の仕組みや利息額の変化について、例をあげながら説明していきます。

元金均等返済方式

まず1つは、元金均等返済方式です。
これは、一定の金額に利息を上乗せした金額を返済していく方式です。

もしも5万円を借りた場合、1ヶ月後に返済する利息額は、

50,000 × 0.18(18%) ÷ 365×30 = 739.7260…

です。

毎月返済する元金分(一定の金額)を5,000円とした場合、

5,000 + 739 = 5,739円

この場合、5,739円が、1ヶ月後の返済金額になります。

しかし、翌月の返済額も同じ5,739円なのかといえば、そうではありません。

1回目の返済を終えて5,000円分元金が減っていますので、翌月の元金(残高)は、45,000円になっています。そこから利息額が計算されるのです。

計算するとこのようになります。
45,000 × 0.18(18%) ÷ 365 × 30 = 665.753…

小数点以下を切り捨てで考えると、この月の返済時に支払う利息額は665円です。(つまりこの月の返済額は5,665円となります。)

さらに、この翌月も減った元金から利息額が計算されますので、毎月の返済額(利息額)は徐々に少なくなっていきます。

今回の例でこのまま返済していく場合、最終的に、

返済回数:10回
利息総額:約4,060円
返済総額:約54,060円


になりますね。

元利均等返済方式とは?

もう1つの返済方式は、元利均等返済方式です。
こちらは、利息を含めた一定金額を返済していく方式です。

借りた5万円を、元利均等返済方式で返済していくとどうなるでしょうか。

例えば、毎月の返済額(一定額)を5,000円としましょう。
そして、前述のとおり、借りてから1ヶ月後の利息は739円です。

元利均等返済方式は、毎月決まっている一定額を支払う方式ですので、毎月の返済額は(今回の場合)5,000円です。そこに利息も含みます。

つまり、借りてから1ヶ月後の支払いで減る元金は、

5,000 – 739(利息額) = 4,261円

となります。

この4,261円を5万円から引いた、45,739円が残りの金額(元金)となります。この翌月の支払いも同じく5,000円ですが、そこに含まれる利息額は45,739円を元に計算されます。

今回の例でこのまま返済していく場合、最終的に、

返済回数:10回
利息総額:約4,508円
返済総額:約54,508円


となります。(支払い最終月の返済額のみ、4,568円になります。)

今回、例に出したのは、借入額も5万円と少額ですし、返済回数も10回と少なめなのでわかりにくいと思いますが、元金均等返済方式と元利均等返済方式で、返済総額(利息総額)に差がでているのがおわかりいただけたかと思います。

返済方式の仕組みを理解すれば返済総額も少なく出来る!

今回、ご紹介した返済方式以外にも、実はさまざまな返済方式があります。

まずはキャッシング各社の返済方式を確認して仕組みを理解し、上限金利で利息額の計算をしてみましょう。また、「返済シュミレーション」機能を設けているところもありますので、これらを利用して、毎月の返済金額、返済回数、返済総額等について調べてみるのも良いと思います。

最後に、当然のことですが、利息の総額を低く抑えたいなら、早く返すことがもっとも大事です。返済回数が減る分、支払う利息の額も減りますので^^ 逆に、返済期間が長引けば長引くほど、支払う利息も多くなっていきます。細かい金利の違いよりも、早く短期間で返すことを心がけましょう。