トップへ > 総量規制でも今まで通りキャッシングできる方法 > 総量規制の影響の受けないでキャッシングするには?

総量規制の影響の受けないでキャッシングするには?

いままでは何の問題もなくキャッシングができていたのに、突然、カード会社からの借り入れができなくなった。 そんな経験はありませんか?

他にも、特に支払いの遅延もなく安定した収入があるにもかかわらず新規のカードローンが組めなかったり、専業主婦の方の新規キャッシングが断られたりといったケースが増えてきています。

これにはよく耳にする「総量規制」が深く関係しています。

総量規制とは何?

そもそも総量規制とはいったい何なのでしょうか?
なにか耳慣れない言葉ですが、簡単にいうと借金に関する規制と思ってください。

具体的には以下のようになっています。
貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れはできなくなる

例として、年収300万の人の場合、借金可能な額は年収の3分の1にあたる100万までということです。

規制前までは貸付業者の審査にもよりますが、年収に関係なくキャッシングができていました。しかし、この総量規制が施行されたことにより、新規のキャッシングはもちろんのこと、いままでキャッシングを利用していた業者においても、年収の3分の1を超えて借りていた場合、追加の借入ができないようになりました。

最初に書いたような事例はこの総量規制に引っ掛かったために発生したといえるでしょう。

(総量規制の説明は、「総量規制ってそもそも何?」の記事をご覧下さい。)

総量規制が生まれた背景

なぜこのような規制が生まれたのでしょうか。
その背景としては増加している多重債務者や自己破産が大きく関係しているといわれています。

つまり年収を基準に借入を制限することで、多重債務者や自己破産者の増加を防ごうという目論見があるのです。

ですが、一見利用者にもメリットがあるように感じるこの規制ですが、いままで複数の業者から借入を繰り返してしのいでいた自転車操業ができなくなって、逆に返済に困ってしまったり、また収入のない専業主婦や無職の方がどこからもお金が借りられないなどの新たな問題も発生しています。ヤミ金を利用する方も増えているようです。

総量規制の影響を受けるキャッシング

では総量規制は具体的にどのようなケースで発生するのでしょうか。

クレジット会社及び消費者金融、信販会社系のローン及びキャッシング

上記に当てはまる場合、最大でも年収の3分の1までしか借りることができません。また、各クレジット会社、消費者金融及び信販会社は信用情報機関とよばれるところで顧客の借入情報を共有しておりますので、複数業者に申し込んでも総量規制内までの借入枠となります。

では、もう収入の3分の1以上を借りることはできないのでしょうか?
実は方法があるのです!

総量規制の影響の受けないキャッシングとは?

その方法とはズバリ、
銀行系のカードローン及びキャッシングを利用する

具体的にはオリックスや楽天、もしくは消費者金融として以前は知られていたレイク(現新生銀行グループ)など銀行本体が展開している場合、実は総量規制の対象外となっています。

かくいう私も総量規制の影響を受けて新たな借入ができず、かなり困ったことになりましたが、新規で楽天銀行スーパーローンにお願いしたところ年収3分の1以上の借入が可能になりました。正直いって驚いしまい、何度も発行されたカードを確認したくらいです。

もちろん所定の審査は必要になりますが、いままで総量規制のために借金ができなかったのであれば、ぜひ銀行系のキャッシングを検討してみてください。

※ちなみに銀行系ローンは「年収の3分の1以上のキャッシングが可能です」など総量規制対象外であることを広告に大々的に打っていることが多いのでわかりやすく、検索するとすぐに見つかります。

楽天スーパーローンの詳細を今すぐ確認する!
楽天スーパーローンのさらに詳しい口コミ・感想はこちら

【総量規制特集】
総量規制でキャッシングできなかったときの抜け穴って?
総量規制で消費者金融で借りられなくなったときはこうしろ!
総量規制でクレジットのキャッシング枠を使えなくなったときの対処法とは?
クレジットカードも総量規制で作りにくくなるの?!