トップへ > SMBCモビット徹底特集!! > キャッシングで審査が早いといえばSMBCモビット

キャッシングで審査が早いといえばSMBCモビット

まずは、モビットの良い口コミを集めてみました。

・ 借入も返済もコンビ二で出来て便利

・ 限度額が大きい

・ 老舗ことで安心感がある

・ 朝申込して、即日で融資してもらえた


では、逆に悪い口コミはどうでしょうか。

・ ネットの10秒簡易審査は便利だが、手続きまで時間がかかる

・ ネット申込みで数秒で否決のメールがきました

・ 増額をなかなかしてくれない

・ 干支や星座など、散々質問した揚句に否決


(以上の口コミからわかる)モビットの特徴として一番に挙げられるのは、審査がスピーディーであることです。
否決になる場合でもあまりにも早すぎて、「本当に審査されているの?」と疑問に思う人もいるほどだということです。


審査が早いのは何故?


ネットで行う審査は、自動審査と呼ばれるものです。
例えば過去に同じ名前や生年月日で申込みされていないか、属性はどうなのか、などとコンピューターで自動的に判断するので、非常に早いのです。


ネット申込みで即否決になる人は、以下の条件に当てはまらないか良く考えてみましょう。


・ 申込ブラックになっていないか

・ 過去にモビットで否決になったことが無いか

・ 属性が悪くないか

・ 他社の借入数や金額が多すぎないか


申込ブラックとは、短期間でキャッシングの申込をいくつもした人のことを指します。
実は、キャッシングの申込みをしたという履歴も、信用情報機関に登録されてしまいます。


短期間にあちこちの会社にキャッシングを申込んだということは、かなりお金に困っていて、追い込まれているのでは?と判断されがちです。


特にネットからの申込後の否決だと、同じメールアドレスで再度申込もうとすると自動的に弾かれてしまう可能性もあります。
心当たりが無いのに拒否をされてしまうなら、家族が借入、もしくは申込みをしていいないか疑ってみましょう。


契約していないのに申込んだだけで情報が登録されてしまうなんて!とびっくりしてしまいますが、この情報の登録期間は信用情報機関よって、1か月から6カ月となっています。


ですから、もし申込ブラックになってしまったら、6か月経過するのを待ってからまた申込むと良いでしょう。


また、いったんネット申込で可決になった後に、本人確認の電話が来ることがあります。モビットでは、たまに「干支や星座を聞かれた」という人がいます。

ひょっとしたら、取引したことのある顧客で、同姓同名がいるのかもしれません。そのため、本人確認をしつこく行っているのでしょう。


なぜ審査に通らないのかもう一度考えよう


また、ネット審査可決後に否決になった人は、以下の条件に当てはまらないか、良く考えてみましょう。


・ 自動審査のときに申告した借入数が実際と相違が無いか

・ 勤務先情報、その他の情報に何か誤りが無かったか

・ 在籍確認に問題は無かったか

・ 過去に破産や債務整理をしたことが無いか


自己破産や債務整理の登録期間は、実は5年から10年です。
この期間は、信用情報機関によっても異なります。

例えば銀行が加盟している全銀協や全情連が自己破産の情報を登録している期間が10年間なのに対し、テラネットは5年間です。


また、モビットは審査についてですが、審査は比較的厳しいのが実状です。そのため、他社では見られるような過去に自己破産歴がある人が可決になったというケースも、あまり見られません。


自己破産後10年経てば、登録されている情報も削除されます。
ですから、10年経つのを待ってから申込みをするのが確実ですが、まっさらな情報に疑いをかける金融会社もあり、確実に借入ができる保証はありません。


特にモビットは自己破産や債務整理に敏感で、審査も厳しい会社であることを知っておきましょう。



【SMBCモビット】お申込はこちら!(10秒簡易審査)
【SMBCモビット】さらに詳しい口コミ・情報はこちら