トップへ > SMBCモビット徹底特集!! > SMBCモビットは総量規制の対象になるので、利用上の注意を紹介

SMBCモビットは総量規制の対象になるので、利用上の注意を紹介

モビットは、気軽に利用できるカードローンですが、キャッシングに近い性質を持っていることをご存知でしょうか?

それは、貸金業法の中にある「総量規制」の対象になるということです。キャッシングと言えば、プロミスなどを思い浮かべてしまいますが、モビットもこの仲間という扱いになっています。


こうなると、自分の年収の3分の1を超える借り入れがモビットでもできなくなってしまいます。特に、モビットでおまとめを考えている人は注意が必要です。


総量規制の範囲内でのおまとめ

モビットは、おまとめにも使うことができると言われています。しかし、総量規制を考えるとこれは非現実的かもしれません。


おまとめは、他社の借り入れをひとつにまとめることを言いますが、他社の借り入れがある時点で年収の3分の1を超えているケースがほとんどなのです。すなわち、年収が300万円なのにも関わらず、既にトータルで100万円の借り入れがあれば、融資できる額がゼロになってしまいます。


なので、モビットでおまとめを利用する場合は、件数があっても借り入れが少ない人に限られてしまうことになるでしょう。


おまとめは、返済額を下げたり、個々に返済する手間を省くのに大きな効果が得られます。しかし、借り入れが多ければ多いほど、モビットでのおまとめは現実から遠ざかってしまうことになります。


どちらかと言えば、個々に返済する手間を省きたいという目的なら、モビットでのおまとめに成功しやすくなることが考えられます。


消費者金融のキャッシングに比べれば金利は魅力的

モビットの実質年率は、3.0%~18.0%になっています。この金利は、カードローンの中でも幅広くなっており、最大金利においては利息制限法の上限になっています。こうなると、モビットの金利はあまり魅力的ではない印象がありますが、最低金利に注目してみてください。


最低金利の3.0%は他のカードローンに比べると破格と言えるほど低くなっているのです。モビットを低金利で借りるには、それだけ利用額を増やさなければなりませんが、他社の借り入れがなく、総量規制に引っかからない人であれば、安い金利で高額融資を受けられる可能性があると言えます。


また、初めてモビットを利用する場合でも、いきなり高い限度額で契約することは難しいですが、少しずつ信用を上げていくことで金利を下げて行くことは可能です。これは、モビットに限ったことではありませんが、取引実績を増やして、延滞などの事故がなければ信用を上げることができます


業者から高い信用が得られれば、「この人なら大丈夫」という印象を与えることができるので、毎月の返済は確実に行っておくことが重要なポイントなのです。


SMBCモビットの必要書類の提出方法

カードローンの契約には、モビット指定の必要書類が必要(内容については公式サイトでご確認ください)になります。

また、審査前に必要書類を提出するのが一般的ですが、モビットの場合はカードを受け取った後でも問題ありません。カードを受け取った後に必要書類が提出できるということは、それだけ早い審査が可能とも言えます。


これなら、申し込んでから必要種類の不備に気付いて、慌てて準備しなければならないといったことも防げますよね。


しかし、必要種類が後で提出できるとは言っても、申し込みフォームの年収などはこれに沿っていなければいけません。申し込みフォームの年収と給料明細の金額に差が出てしまうと、わざと嘘の記載をしてもバレてしまいます


確かに、年収は多ければ多いほど、融資できる可能性が高くなります。しかし、審査に通りやすくするために、嘘の記載をして、後でそれが発覚してしまうとすぐに利用停止になってしまうことは無理もないでしょう。


申し込みフォームひとつとっても、正しく記載することは審査を早めるきっかけにもなるので、正確な情報を記載するようにしましょう。


【SMBCモビット】お申込はこちら!(10秒簡易審査)
【SMBCモビット】さらに詳しい口コミ・情報はこちら