トップへ > 借金訴訟の実態! 〜私の壮絶体験〜 > 借金が払えなくなっていく…間違った転職で、給料はまさかの18万!

借金が払えなくなっていく…間違った転職で、給料はまさかの18万!

〜借金訴訟の実態!私の壮絶体験〜
第1話から読みたい方はコチラ!


【第4話】

入社日2日前になっても社長からの連絡は何もなかった。
僕は確認の連絡を取ってみた。

すると時間をおいて入社日である4月1日に出社するように、と連絡があった。

連絡事項には会社の鍵のありかや出社してから社内の掃除をするようになどの指示事項が含まれていた。

入社日当日

当日指示通りに出社し、指定されたロッカーを開け、マンションの1室であるその会社に入っていった。

社内を隅々まで掃除し、目を通しておくように言われた資料の読み込み等をしていると、社長は午後1時過ぎに現れた。前回の仕事現場で一緒になって以来の顔合わせである。彼はその前回の仕事について僕へのダメ出しを始めた。


こちらとしてみたら何も分からぬまま現場に呼ばれ、指示も2,3回しか受けずに後は放っておかれたのだからダメ出しもクソも無いと思ったのだが、なにしろ新人であるので聞いておくしかなかった。

後に活かせるようにしなければいけない、と自分に言い聞かせながら。


現実を知るとき

ここで改めて、どういった会社なのか、どんな仕事をしているのか等のレクチャーがあった。そして驚くべき提示がなされた。

他社への出向が無くなったので、給料は会社の大卒初任給と同額の18万円でスタートというものだった。正直まるで予想もしなかった展開である。


しかも、彼はその給料の話の前に以前会社にいた社員の話を引き合いに出し「あいつは結局金でしか動かないヤツだった、自分で仕事もとって来ないのに厚かましい、仕事は情熱でするものだ」などと「給料に文句をいうヤツは最低だ」という考えを散々僕に振っていたのだ。

こちらが何も言えないように流れを作っていたのだ。

そして「お前も仕事をとってきたらすぐに給料上げてやるから」と言った。


僕は今の貯蓄額や月に必要な費用を計算し、6ヶ月で今までの稼ぎにならなければ干上がるなと思った。すぐに結果が出なければ最悪クビくくりだな、と。


彼の考えと言葉

しかしながら、社長はクライアントを紹介するからすぐに仕事は取れる、とも言った。そんな彼の話を聞いているうちに僕はあることに気がついたのだった。

大きくまとめてしまうとこういう事である。

自分はこの業界では野球でいうところの王、長島、イチロークラスだ。誰がそんな大物と仕事をしたがるのか?


だから自分の下に部下を置いて、そっちに仕事を振ってもらい、自分はタッチしないというスタンスであればどんどん受注できる。

相手もバックに自分が控えているとなれば安心して仕事を振ることができる。実際にいい人材いませんか?と聞かれるのだ。そういうところに出向できれば更に仕事が増える。つまり、仕事があるから人を雇ったのではないのだ。

今現在、その会社に仕事はないのだ。給料支払い能力は極めて脆弱なのだ。


彼が一番望む形は誰でもいいからとにかく取引先に自分の社員として人材を送り込み、給料はその会社に出向費という形で払ってもらい、なおかつ仕事も受注しようというのだ。1種の人材派遣である。しかも何も知らない素人同然の僕を送り込もうとしているのだ。


彼は大丈夫を連発していたが既に1回断られているではないか。その不安を口にすると彼は「一生懸命勉強して相手を見返せ!」と言うのだった。


本当の姿

後に分かった事なのだが彼は今まで何回もそうやって社員として雇った人間を取引先に出向させては給料支払いでトラブルを起こし、雇われた人は鬱になるは、取引先から出入り禁止になるは、と問題を起こしているのだった。


これはとあるクライアントに営業に行き、聞かされた話である。正直言ってお宅にはそういう訳で仕事は振れないのですよ、すみませんね、と言われたのだった。


そんな話を聞かされたあとで会社に戻り仕事を取れませんでした、と報告すると彼は「何で?お前には必死さが全然無い!ちゃんと話しているのか?」と散々言われるのだった。


>>【第5話】借金と仕事のストレスでうつ状態直前に


たまった借金、多重債務でお困りですか?

自己破産以外で借金を整理してやり直す方法があります!
今ならまだ間に合うかもしれません!
ますは無料相談で、悩みを打ち明けてみませんか?

無料相談はこちら【ジャパンネット法務事務所】