トップへ > 借金訴訟の実態! 〜私の壮絶体験〜 > 借金脱出へ向けて返済は順調だったのに…思わぬ転機が!

借金脱出へ向けて返済は順調だったのに…思わぬ転機が!

〜借金訴訟の実態!私の壮絶体験〜
第1話から読みたい方はコチラ!

【第3話】
収入も増え、生活も安定、返済も順調な日々が続いたある日、転職の話が舞い込んできた。この転職に乗ったことが、このあとの私の運命を大きく変えることに!

突然の電話と転職

無事に引越しも終わり新しい生活が始まった。
なにしろ職場に近くなったので通勤は楽になり、妻も大好きな東京に引っ越してだいぶ気楽になった様である。収入も増えたので返済も滞りなく進んだ。家賃の他の支払いは駐車場代位しかなかったので楽なものである。


平穏な日々が3年程続いたある日、僕のもとに1本の電話がかかってきた。電話の相手は過去に何回か仕事をしたことがある人物だった。会社から独立して自分で会社を興し、社長をしているということだった。


用件はというと人材不足なので自分の会社に入ってみないか、という話であった。そう、転職の話である。


正直、当時していた仕事に多少の不満もあったし、なにしろ毎日ほぼ同じ事の繰り返しで飽きていた、というのもあって、僕は降って湧いたような転職話に心が動いていた。


何回かその人物から電話があり、直接会って話もした。
僕には殆どなじみのない業界での仕事でもあり、不安が相当あったのだが彼は力強い言葉で俺が全部面倒みてやるから大丈夫だ、と言い続けた。


僕を雇い入れ、大口の取引先に出向させる、業務内容を報告すればアドバイスをいくらでもしてやるというのだ。待遇はそちらの会社に準ずるが、払い込まれる出向費は30数万円になると思うが、それは全て僕に払ってくれる、という条件が提示された。


当時僕が貰っていた給料の額よりは10万円ほど少なくなってしまうが、生活はなんとかなる額である。なにより、彼の熱い言葉に僕は動かされたのである。妻とも話し合い、僕は転職を決意した。


所属している会社に退職願いを出して、受理された。残務整理と新しい仕事への準備で時が過ぎていった。


突然の落とし穴と入社日まで

そしてある日突然連絡があった。
僕の年齢が引っかかって出向にNGが出された、というのだ。僕が何回も念を押した点がやはりひっかかったのだ。


40間近でほぼ初心者、これでも大丈夫なのか?という話は何回もした。彼は俺がサポートするから、手は打ってある、任せろと言っていたのだ。彼は作戦の変更が必要だ、と言い出した。


僕はにわかに不安が膨らみ始めた。
そんな中で1回仕事の現場を見に来い、と連絡があった。例によって俺が全部教えてやるから、というのである。僕は休みを取って仕事の現場へと向かった。


だが彼と彼の社員、二人とも遅刻をして僕は見も知らない人と落ち合い、そして打ち合わせまでするハメになったのだ。あげく教えてやるからと言っていた社長は僕に仕事を教えられない業務についてしまったので、僕は何もできずに立っているしかなかった。

結局大きくなった不安を抱えて、僕は入社日を迎えようとしていた。

>>【第4話】借金が払えなくなっていく…間違った転職で、給料はまさかの18万!


たまった借金、多重債務でお困りですか?

自己破産以外で借金を整理してやり直す方法があります!
今ならまだ間に合うかもしれません!
ますは無料相談で、悩みを打ち明けてみませんか?

無料相談はこちら【ジャパンネット法務事務所】