トップへ > カードローンの会社の口コミ&体験談 > お金がピンチで少し借りたいというときにEPOSカードでキャッシング体験記〜20代男性会社員の体験談〜

お金がピンチで少し借りたいというときにEPOSカードでキャッシング体験記〜20代男性会社員の体験談〜

【利用時期】
2007年11月頃

【性別】
男性

【年代】
20代

【職業】
会社員

【当時の他借り入れ状況】
銀行系カードローン 1社
クレジットカードキャッシング 2社

■キャッシングが必要になった経緯、この業者に決めた理由!!

未成年時代にクレジットカード機能もなにもないただのポイントカード型の丸井カードを作ったことがあり、久々に丸井へ行った際に更新+クレジット機能付きのEPOSカードへの切り替えを進められたため持つようになりました。


キャッシングの利用した理由については、他カードの利用体験談でも記載していますが、一時、体調を崩し仕事を休んでいた期間があり、その際の生活費を補ったりするために少しづつ利用していました。


■審査について(かかった時間、属性の確認についてなど)

審査にかかった時間は2〜30分程度だったかと思います。

ポイント型の丸井カードからクレジット機能付きのEPOSカードへの切り替えのための申込書を記載し、運転免許証のコピーを添えて申し込みしました。


カードは後日、自宅へ郵送されてくる形でしたが、その間、通常他の業者さんだとあるはずの会社への本人確認や年収証明などの手続きが一切なく、申し込み時の自己申告年収だけで審査が完了していたようです。
内部的には信用情報の確認などを行っているかもしませんが、詳細についてはわかりません。


■いくらのお金を何%で借りれた?その後の増額や、金利について

限度額は30万円の枠でした。 実際に借り入れた金額は20万円程度でした。

金利に関しては、他の業者さんと比べると若干割高であったと思います。

増額に関しても定期的(半年や一年に一度の割合)に増額申し込みの案内が来ていました。 最初の2〜3回は断っても案内が来ていましたが、用途がなかったので断り続けていたらこなくなりました。

■対応について(窓口、オペレーター等の)

丸井のサービスセンターは一般的な感じがして、得に不満などはなかったのですが、電話でのカスタマーサポートは住所変更などで電話したのですが、何というか業務的で少し淡々としている印象を受けました。


管理人からのコメント

丸井のエポスカードは、審査スピードが早いところがポイントで、多くの人が30分以内で結果を教えてくれます。実際に、この投稿者の方も2〜30分程度だったと語っているので間違いないでしょう。


実は、「自己申告年収だけで審査が完了している」とありますが、これは錯覚かもしません。キャッシング業者としてみても、同じ方法を取っているところはいくつも存在します。クレジットカードでのキャッシングの場合、キャッシング専用のカードと比べて厳しくなるのが一般的です。


それでは、実際にどのような点が重視されるのでしょうか?


安定した職業に就いていること → 無職はもちろんアルバイト・パートも不可

高い年収が見込める職業であること → 高収入であればある程評価が高くなる

雇用状態が優れていること → 派遣社員、契約社員よりも正社員で役職が付いた方が有利

勤続年数が長いこと → 転職を繰り返したり、入社して間もないと厳しい

他社借り入れが少ないこと → カードローン、キャッシングに関わらず少ない方が有利


他にも、自宅が持ち家なのか賃貸なのも審査に加わるところもあるようです。

収入に関しては、添付書類を必要としないため、利用者の申告を目安に判断しています。当然、年収が高ければそれだけ有利になりますが、「自己申告だけで審査・・・」と勘違いして、実際より高く記入してもバレでしまうかもしれません。


収入は、勤続年数や勤務先の状態からも判断しているので、バレてしまえばその時点で審査が中断してしまいます。


20万円の限度額であれば、おそらく18%の最大金利が適用されているものと考えられます。これは、新規申し込みでエポスカードに対しての返済実績がない状態からのスタートだったのでやむを得ないことと言えます。


クレジットカードキャッシングを低金利で利用したいなら「JCBエイトカード」もおすすめです。


それぞれのスペックを比較してみると・・・


JCBエイトカード → 金利:15.0〜18.0% 限度額:1〜200万円

エポスカード → 金利:18.0%固定  限度額:1〜99万円


これを見ると、エポスカードだと必ず18.0%の金利がかかることが分かります。それが、JCBエイトカードなら金利に幅を持たせてあるので、キャッシング利用額や利用年数に応じて低い金利が適用されやすくなります。


これは、JCBエイトカードの方が高い限度額が設定されていることにありますが、エポスカードの限度額では物足りないのなら検討してみても良いでしょう。


エポスカードの場合、キャッシングよりもクレジットがメインになるので、他社に比べると金利が高めになっています。すなわち、通常はクレジットカードとして利用し、キャッシングは万が一の頼れるサービスとして認識しておいた方が良いでしょう。


それでも、増額の案内は頻繁にきているようなので、将来の安心のためにも都合の良い時に申し込んでおくのもアリです。もちろん、使う予定がなければ断るのが一番で、やたらに借り入れを増やしてしまうと自分で自分の首をしめることにもなりかねません。


それに、オペレーターの対応に関しても、事務的だったという口コミが多く見受けられます。何か相談したいことがあるとちょっと不安ですが、何もなければ、余計な質問には答えたくないのが正直なところでしょう。


そういった場合は、業務的な方がスムーズに終わらせることができます。業務的=対応が悪いということではないので、まずは安心して申し込めるのではないでしょうか。