トップへ > 総量規制でも今まで通りキャッシングできる方法 > クレジットカードも総量規制で作りにくくなるの?!

クレジットカードも総量規制で作りにくくなるの?!


2010年6月、賃金業法の改正によって、消費者金融、信販会社などから個人で無担保での借り入れを行う場合は年収の3分の1以下の総量規制が定められる見通しが立っています。


これは例えば、年収が300万円だった人の場合は、その3分の1である100万円までは借りることができるものの、それ以上に借り入れを行う場合はいくつかの例をのぞいては認めることができないのです。


多重債務によって苦しむ消費者を防止する目的で改正されるこの法ですが、この改正によって、消費者金融に年収の3分の1以上の額を従来借りていた人は実際苦境に立たされるのではないでしょうか。


しかし、この総量規制には「抜け穴」というものも確かに存在するのです。
それは銀行のカードローンを使うことです。


この賃金業法は銀行のカードローンは対象外ですので、消費者金融で3分の1以上借り入れを行った場合でもその本人に返済能力があると認定された場合、銀行での借り入れは可能になってくるのです。


この「抜け穴」を使うことによって、教育ローンや住宅ローン、医療ローンなどを組むことが可能になってきます。


これでお金の問題は当分いつも通り大丈夫だろう。
そう思った方がいると思いますが、安心はまだできないのです。


現在、その総量規制と同じく懸念されているのがクレジットカード。


賃金業法の改正に刺激を受け、クレジットカードの審査も厳しくなるかもしれないのです。


内容としては、クレジットカードの入会、更新の際に支払能力が本当にあるのかどうかクレジットカード会社が収入証明などの調査をしなければならなくなるということです。


クレジットカードといえば街中でよく入会の勧誘ブースを設置し、その場で申し込むことが可能になっていますが、今後は入会の手続きすら厳しく、時間も大幅にかかってくるかもしれないのです。


クレジットカードはいまやなくてはならないアイテムだと思いますが、この法改正が成立するとクレジットカードの入会や更新の手続きが面倒なので退会したり、支払い能力がないと判断された時点でクレジットカードを持つ人が極端に減少する可能性はありそうですね。


この内容に関しては正式な決定ではないのですが、いつなんどき何が起こっても対応できるようにお金を借りたら返せるように無理のない返済計画は行っていきたいですね。


クレジットカードに関する法の改正によってお金の流れが変わるかもしれません。今後の法の動きに引き続き注目をしていきたいと思います。

最後に、アコムマスターカードっていうクレジットカードがあるんですが、これは比較的通りやすいみたいですね。「アコム」はキャッシング会社の大手ですが、まったくキャッシング機能を使わずともクレジットカードを持つことができるんです。


しかし、ひとつだけ注意してほしいことがあります。キャッシングは1円たりともしなくてもいいのですが、申込画面で「振込みサービス」というのを選べる部分があるのです、こちらは絶対に選ばないようにしてください。


これさえ気をつければ、アコムのマスターカードをかなり高確率で持つことができます。しかも見た目はまったくアコムのカードってわからないのが特徴です。


詳しくは、こちらをご覧になってみてください【注意:申し込みの画面はキャッシングの画面ですが、そのまま申しこめばクレジットカードを作れるようになります。】


 >>今すぐアコムマスターカードを作る!!