トップへ > カードローンの会社の口コミ&体験談 > VISAのキャッシングの審査と金利ってどうなの?〜20代会社員女性の体験談〜

VISAのキャッシングの審査と金利ってどうなの?〜20代会社員女性の体験談〜

【性別】女
【年代】20代
【職業】会社員
【他社借り入れ】2件
【キャッシングの理由】このカードはキャッシングよりも何となく作ろうかなと思った1枚


キャッシングが必要になった経緯・理由


キャッシングには、他にも2件ほど借り入れがあり、作ったときにはお金が必要という状態ではなかったのですが、携帯の支払いや公共料金なんかにも使えるのでいいかなという軽い気持ちで申込みをした1枚。

それに旅行なんかに行った時にも安心だし、ポイントもためれば商品交換できる面もあったから作った1枚です。
ただし、保険付属かどうかは、同じVISAカードでも会社によって違うから注意。

もちろん同じVISAでもキャッシング機能も会社によりつかないから、こっちもきちんと調べたほうがいいですね。


審査に関して(審査時間・属性等の確認事項について)


こういったカード会社は、大体審査が遅いですね。申込み書類を送ってから、しばらく待ったような。1週間くらいは、何も返答がなかったですね。大体、審査は、1週間はかかります。

確認事項は、他カード会社と同様で氏名から生年月日、職業や収入等書面確認などを行い進めるかたちですね。

同じVISAでもポケットカード会社のカードであるとか、NTTであるとか、東電だとか、会社それぞれにより、同じVISAでも色々と審査時間は違うと思いますね。

下手すると他会社でのVISAならもっと審査時間がかかるかも。まぁ確認する内容はどこも一緒ですが。

いずれにしろ申込みブラックの方や借り入れ状況でブラックという場合は、審査はまず通らないと思いますね。


借入額・金利について(増額など)


私の場合、勤続年数もあまり長くないせいか、作ったころは、ショッピング10万円にキャッシング10万円。

金利は、借りてすぐに返すなら安くすみますが、長ければ長いほど18パーセントギリギリの線かな。

更にいえば、万が一返済が遅れたら実質年率20パーセントぐらいになるとおもう。通常、キャッシングなら14パーセントぐらいはつきますね。

ただ、キャッシング利用のために作ろうと思うなら、お勧めしない会社かな。
それに、申しこの際にきちんとキャッシングができるかどうか確認しなければ、作ったけどキャッシング機能がついていないということもありますから注意したほうがいいですよ。急ぎでキャッシュしたい方は無理かな。

知人の話では、三井住友VISAカードが早くていいといっていましたが、申込みや承認されるのがあまり簡単すぎるので逆に心配していましたね。

どっちにしても、VISAカードはキャッシュでというより、ショッピングやその他もろもろで利用するほうがおススメ。


対応について(窓口・オペレター)


確認の電話をしてきた人は、事務的ですけど、話し方がやわらかいので嫌な感じはしなかったですね。

最近は、郵送で申込みをなく、ネットで簡単に入力ができ、申込みには時間がかからないけど確認電話には、少し時間のかかる場合もありますね。


管理人からのコメント


クレジットカードには、キャッシングの機能を持ったものが多く存在します。
VISAカードもその中のひとつと言えますが、カードの種類によってはキャッシング機能が付いていないものもあるので確認してから申し込むと良いですね。

クレジットカードは、この投稿者の方のように、「何となくあっても良いかな」という軽い気持ちで申し込む人も少なくありません。そのような場合は、初めから高スペックのカードを狙うよりも、ショッピングもキャッシングも低めの限度額のものを選ぶと良いでしょう。
今すぐに使う必要がなければ、高スペックのカードは無駄になってしまうからです。


審査については、キャッシング専門業者よりどうしても時間がかかりがちです。それにしても、1週間音沙汰無しとはちょっと長すぎる気もしますが、急いでいるなら早めに申し込んでおくことに越したことはありません

また、過去にクレジットカードやキャッシングで事故歴があれば当然貸してくれません。しかし、これは信用登録情報を参照しているので、その情報が消えれば審査を受けることができます。過去に債務整理を行っている場合や著しい延滞を起こしている場合は、最長でも7年前後はカードが作れないと考えておいた方が良いでしょう。


現在、キャッシングのほとんどが最高金利18%で貸している状況ではあります。そんな中で14%で借りられたならかなりお得だったと言えます。
VISAカードの場合、一般カードでキャッシングした場合、15〜18%の金利が適用されます。これがプラチナ、ゴールドカードになれば14.4〜15%に下がります。


JCBもクレジットカードでは有名ですが、これでキャッシング機能を利用した場合の金利は、5.8〜17.8%になります。かなり幅広くなっていますが、これは限度額に違いがあるためです。


それぞれ一般カードで金利と限度額を比較すると次のようになります。

VISAカード・・・金利:15〜18% 限度額:200万円
JCBカード・・・・金利:5.8〜17.8% 限度額:500万円

これを見ると最高金利で見れば、JCBカードの方が低いことが分かります。
仮に、JCBカードで50万円以下のキャッシングを利用した場合、限度額が低いため最高金利が適用される可能性が高いです。これが新規契約ともなれば、信用が確立されていないため間違いなく17.8%が適用されることでしょう。


結論としては、100万円以上キャッシングしない限り、VISAカードもJCBカードも金利面ではさほど変わらないということです。

しかし、体験談でも語っているように、返済が遅れて、遅延損害利息がついてしまえば、20%という法律いっぱいの金利を上乗せして返済しなければなりません。

VISAカードをはじめ、クレジットカードやキャッシングは郵送でも申し込みできますが、急いでいる方にはおすすめできません。郵送だと書類が到着するのが翌日、翌々日になってしまうことがあり、どうしても時間がかかってしまうからです。

ただでさえ、1週間かかったと体験談の中でも語っているので、ネットからの申し込みが一番早いと言えますね。