トップへ > アットローン > アットローンの特徴&口コミなどを徹底解説!!増額方法についても

アットローンの特徴&口コミなどを徹底解説!!増額方法についても

アットローンが利用者選ばれる3つの理由を検証します。

※ アットローンはプロミスに吸収合併されました。詳しくはプロミスのホームページへアクセスしてください。

アットローンは審査が早い!

口コミサイトで最も多い口コミが「申し込みがスムーズで振り込みも早くて助かった!」というものです。

急な出費のときにキャッシングをするときは、審査に時間がかかると少しイライラするものです。

審査時間30分と載っている会社でも、実は数時間の審査を要するところもありますので...管理人も審査だけ受けたことがありますが、アットローンの審査は確かに早かったです。

申し込んだ日に口座に振り込まれる即日キャッシング

さらに、申し込んだ日に口座に振り込まれる「即日キャッシング」というサービスがあります。

即日キャッシングは、申込みしてから30分で審査結果の通知があります。返信メールで審査完了結果を確認し、振込融資を希望すると、すぐにあなたの口座へお金が振り込まれます。

>>アットローンの申込はこちらから【無料】


最低金利は高め...でも比較的審査は通りやすい?

アットローンは、他の銀行系キャッシングに比べて、金利が高めになっているのがちょっと使いづらい点かもしれません。

しかし、キャッシング業界の傾向として、金利が高いと審査に通りやすいということが言えるのです。以前の消費者金融にありがちの傾向とも言えますが、本当にお金が必要になった時に審査が通りやすいのはやっぱり魅力的ですよね。

アットローンの場合は、最高限度額が300万円で最低金利が9.5%になっています。他の銀行系では、最低金利が5%最高限度額を500万円までOKにしているところもあるので、他社と比較して決める必要があるかもしれませんね。


金利など詳細について

貸付利率
(実質年率)
9.5%〜18.0%
遅延損害金 21.90% 〜 26.28 %
利用限度額 300万円
(新規お申込時は200万円)
審査時間 自動審査5秒回答
保証人・担保 不要
保証人:SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証
申込資格 ・お申込時の年齢が満20歳以上、満65歳以下の就業者で、安定した収入のある方
・保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス))の保証を受けられる方
必要書類 ご本人様確認書類(運転免許証、パスポート、各種保険証など)、および収入を証明する書類(源泉徴収票、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書など)
入会費・年会費 無料
融資方法 1.三井住友銀行、プロミス
2.全国主要コンビニのATM
3.その他提携銀行
4.銀行振込
返済方式 残高スライド元利定額支払方式
返済期間・回数 最終お借入後、最長5年・60回
返済方法 1.三井住友銀行、プロミス
2.全国主要コンビニのATM
3.その他提携銀行
4.銀行振込
5.口座振替(三井住友銀行に口座がある場合のみ)

アットローンの会社情報

会社名 アットローン株式会社
所在地 東京都港区東新橋1丁目9番2号 汐留住友ビル27階
電話番号 0120-222-123
資本金 109億1千2百万円
登録番号 登録番号:関東財務局長(4)第01236号
日本貸金業協会会員 第000046号


ATM利用の手数料は完全無料

アットローンのキャッシングカードは全国40,000台の提携ATMで使えます。大手の三井住友銀行、am/pm、セブン銀行、@BANK、プロミスなどで利用可能です。ATM利用の手数料はいつでもどこでも無料で、融資、返済は24時間利用可能です。

ただし、ATMの設置場所によっては取扱日や取扱時間が異なる場合がありますので注意してください。

アットローンの金利について

アットローンの利息は日数で計算しますので、無駄な利息がかかりません。利息は利用日数だけしか発生しません。

【利息の計算方法】

利息=利用金額×実質年率÷365日×利用日数

短い間借りるだけなら、無駄がなく効率的に借りることができます。

・3万円を5日間利用して利息は73円
・5万円を10日間利用して利息は246円
・10万円30日間利用して利息は1,479円


アットローン実際の利用者の声とその検証

◆一本化に有利という噂を聞いて、250万円の限度額で申し込んだら100万円の融資に応じてくれた

これは、一見不便さを感じる意見かも知れませんが、そうではありません。恐らく、他のキャッシング業者なら、おまとめ目的と言えども、ここまで融資してくれるところはないでしょうね。

ましてや、初めて利用する業者であれば、30万円とか50万円で手を打たれることが常識の世界です。100万円あれば、一部おまとめという効果も期待できるので、利用者も満足しているようです。

◆三井住友のカードローンがNGで、紹介されたアットローンでOKが出た

これは、同じグループ企業内での紹介になるので、キャッシングの成功率が高くなると言えるでしょう。グループ内なら必ずしもOK出るというものではないですが、三井住友カードローンとアットローンでは、明らかに審査方法が違うということがお分かりでしょう。

もちろん、このふたつの商品を比較しても貸付条件が異なりますが、アットローンに申し込んだら50万円までOKが出たという人も少なくありません。

他社でも銀行が展開しているキャッシングサービスがありますが、銀行系カードローンもキャッシングもダメだったというケースが多いのです。アットローンは、銀行系カードローンと差別化を図ることで、融資しやすいように工夫されているのかもしれませんね。

◆シミュレーションと審査結果のギャップが大きすぎでガッカリした

アットローンは、ホームページに行くと、どれ位まで融資できるかをシミュレーションすることができます。しかし、これはあくまでも参考程度にしかならないことを知っておきましょう。これは、アットローンに限ったことではないので、注意しなければならないところでしょう。

シミュレーションでは、職業や家族構成、年収など詳しい情報がない状態で試算しています。本当のところは、ちゃんとした審査をやってみないと分からないものです。
情報源の少ないシミュレーションで50万円が出たとしても、審査で属性が分かったことで融資ゼロになるということも充分に考えられます。