トップへ > プロミス > プロミス申込の必要書類や限度額の体験談。利息や審査、在籍確認について

プロミス申込の必要書類や限度額の体験談。利息や審査、在籍確認について

プロミスは誰もが知っている、有名な消費者金融ですね。設立から50年近く経っている、老舗の大手なので、初めての方も安心して利用できる業者です。プロミスが選ばれる秘密、具体的な特徴などを、これからご紹介していきましょう。


プロミスはどんな消費者金融なの?

プロミスの基本的な情報は、以下のようになっています。

・実質年率は4.5%〜17.8%
・限度額は1〜500万円
・30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
・安心の三井住友フィナンシャルグループ
・ネットから24時間申し込み可能
・借入、返済シミュレーションあり


プロミスは驚きの低金利!

まずプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)の金利を、他社と比較してみましょう。

・プロミス 4.5%〜17.8%
・アコム 4.7〜18.0%
・アイフル 4.5〜18.0%
・レイク 4.5〜18.0%

以上から分かるように、プロミスは最低金利と最高金利、共にどの業者よりも低くなっています。

借入額が多くても少なくても、プロミスは断然オススメです。さすがは、三井住友フィナンシャルグループですね。

更に新規契約のみですが、30日間無利息サービスもあり、期間内に返済すれば、その名の通り金利が全くかかりません。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)一か月という長期間は、とてもありがたいですよね。給料日前の急な出費などにも、利用しやすくなっています。

初めての方がプロミスを選ぶ理由は、ここにもあるのですね。


便利なネット申し込み

パソコンや携帯からは、24時間申し込みが可能です。

店頭に出向く場合も、ネットで事前に申し込めば、審査時間を短縮することができます。
無人契約機での申し込みも可能で、状況に合わせ様々な方法を選択できるのも、プロミスの魅力ですね。

また、審査に必要な書類は、運転免許証。(運転免許証をお持ちでない方は健康保険証+1点(例:住民票)、パスポートをご用意ください。外国籍の場合は「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)をあわせて用意する必要があります。借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。


より計画的に利用するために

プロミスの借入シミュレーションは、事前に審査結果を知る事が出来ます。確実に影響するわけではありませんが、申し込む前の目安として、利用する方は多いようです。

返済シミュレーションもありますので、より計画的に利用する為のシステムとして、活用したいですね。

更に公式HPでは、困った時のQ&Aや、金利の詳しい解説などが細かく記載されていて、隅々まで行き届いたサービスを行っています。これらも、プロミスの人気の秘密でしょう。


プロミスの口コミが気になる!

[プロミスの良い口コミ]

①窓口で申し込んだが、担当者の方が丁寧に説明してくれた
②初めての利用で不安だったが、オペレーターの方がとても丁寧に説明してくれた
③目的をしっかりと伝えたら、金利をかなり下げてくれた
④自営業で属性は良くないはずなのに、30万円で可決してくれた
⑤30日間無利息サービスは本当に便利


①と②の口コミにもあるように、プロミスは担当者やオペレーターの対応が、とても良いと評判です。初めての方も、親切丁寧に説明してもらえると、とても安心感がありますよね。窓口にわざわざ出向いても、担当者の対応が良ければ、足を運ぶ甲斐もあるものです。


③のように、プロミスはちゃんと話をすれば理解してもらえるようですね。ですから、他社借入がある場合や自分に不利な情報もきちんと伝えましょう。毎月の返済額や金利だけでなく、返済総額も軽減できるような解決案を提示してくれる可能性もあります。パートやアルバイトでも安定した収入があれば、利用可能のようです。利用を検討している場合は、電話で詳しい説明を受ける事も出来ます。
ただし契約方法は、窓口か無人契約機のみになります

消費者金融は一般的に、健康保険の種類を重視するといわれています。④のように、自営業の方は国保ですので、一般的にあまり評価は高くないようです。

しかしプロミスでは、自営業者専用のカードローンがあります。金利や限度額は通常と同じですが、プロミスとして力を入れているような印象を管理人は受けています。ですから、自営者の方は是非、利用を検討されてみてはいかがでしょうか。


最初も述べましたが、⑤のように30日間無利息が目的で、プロミスを利用する方は多いようです。すぐに返す充てのある方、ない方でも30日は金利が付かないので、本当に便利ですよね。

新規の方のみとはいえ、30日無利息はプロミスの大きな特徴です。


[プロミスの悪い口コミ]

①ポケットバンクと数年前に契約していたので、審査に時間がかかった上にあっさり否決
②会社に在籍連絡まで入れといて否決
③個人情報を根掘り葉掘り聞かれて否決された
④債務整理後10年も経っているのに、絶対貸してくれない印象だった

ポケットバンクですが、2010年にプロミスと合併したようです。当時きちんと解約手続きをしていないと、審査の際に解約手続きをする事になります。

解約せずに、引き続きプロミスでの利用も可能なので、利用を検討している方は、電話で相談するのが良いでしょう。公式HPには明記されていないようで、分かりづらいところですね。


金融業者を利用する際、周りにはあまり知られたくないですよね。しかし在籍確認は、審査上必要な事ですので、仕方ないのかもしれません。在籍確認の際、業者名が分からないようにするなど、配慮はしてほしいですね。


ちなみに私は、クレジット契約の際の在籍確認で、業者側の配慮もあって、周りに知られる事なく契約できました。そういった細かいサービスも、大切にしてほしいです。


③のように、消費者金融の審査は、個人情報を詳しく聞いてきます。申し込みフォームもそうですよね。審査上必要な情報なので仕方ない事とは言え、やはり気持ちのいいものではありません。
その上否決されてしまえば、確かに不満にもなります。


申し込みの際は、事前の借入シミュレーションや、自分の属性の見直しが大切です。慎重に申し込めば、個人情報を提示した上に否決...という状況も避けやすいでしょう。

債務整理ですが、7年以上経てば情報が消えると言われています。しかし④のように融資が受けられないケースもあるようですね。

整理経験ではなく、現状に問題があるのかもしれません。収入や他社借入件数、継続年数など業者によって基準も様々です。否決された場合はやはり、③と同じく自分の属性をもう一度見直してみましょう。