トップへ > 優良業者に紛れ込む闇金に注意!! > ヤミ金でなにかあったらすぐ相談しましょう!!

ヤミ金でなにかあったらすぐ相談しましょう!!

「気が付けば闇金融業者と関わってしまっていた」という人に限って、開口一番に発せられる言葉は「自分だけは大丈夫だと思っていたのに」です。

そうなってしまった場合、自分ひとりで悩んでも解決しませんし、かえって深みにはまってしまうことだってあり得ないことではありません。裏を返せば、ヤミ金の思うツボです。

では、どうするか?


信頼できる機関で相談


できれば、身近な人に相談したいところかもしれませんが、「ヤミ金に関わってしまった」とは、なかなか言い出しにくいものです。友人はもちろんのこと、身内であれば、なおさらでしょう。


全国にはたくさんの相談できるところがあります。ここで注意すべきは、インターネットで検索して、ヒットしたところにすぐ飛びついてしまってはいけないことです。


藁をもすがる気持ちかと思いますが、ヤミ金に困った人たちをさらに追い込む罠サイトという可能性もあります。


最寄りの国民生活センターなどにまず電話相談をすることがベターだと思います。国民生活センターは全国組織ですから、いろいろなノウハウがあります。国民生活センターのサイトでは「消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受付け、公正な立場で処理にあたっています」と記されています


国民生活センタートップページ > 通報/相談窓口・紛争解決 > 全国の消費生活センター等
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html


また、法テラスへの相談も良いでしょう。法テラスとはあまり知られていないようですが、「司法制度改革」の三本柱のひとつで、国民向けの法的支援を行う中心的な機関なのです。


法テラスでは、「ヤミ金についてお悩みなら法テラスへご連絡ください」とサイトで告知しています。


法テラスホーム > サービス一覧 > 借金 > ヤミ金
http://www.houterasu.or.jp/service/shakkin/yamikin/


なお、法テラスは全国の50の地方裁判所のあるところに地方事務所があるほかに、支部が11か所、出張所が5か所、地域事務所が35か所あります。電話での受付のほかにメール受付も行われています。


ところで、近所にあるようなところへ相談すると、知り合いにばれたらと困るなどと思うかもしれませんが、国民生活センターや法テラスなどの公的機関は守秘義務がしっかりしていますので、安心して落ち着いて相談してみてください。


その場ですぐに解決できなくても、そこから何か別の解決の糸口が見つかるかもしれません。信頼できる他の団体や協会などを紹介してもらえる可能性もあります。信頼できる他の団体や協会などを紹介してもらうべきです。


他の団体や協会などに直接連絡した方が・・・と思うかもしれませんが、急いては事をし損じる、急がば回れ、です。落ち着いて、と言っても落ち着けないとは思いますが、とにかく見ず知らずの団体や協会というよりもむしろ公的な機関に相談することが肝要です。


相談した公的機関から紹介された団体や協会なら、公的機関のお墨付きがあるワケですから、安心して相談したら良いでしょう。


急いでしまい、藁をもすがる思いで、借金を解決をしてくれそうな知らない団体に相談してしまったがために、解決するように見せかけて詐欺話を持ちかけられないとも限りません。そのようなことがないよう十分注意するためにも、拙速は禁物なのです。


なお、過剰な取り立てで精神的苦痛を味わったり、危険を察知した場合はすぐに警察に相談しましょう。