トップへ > 知って損なし!!裏技・知識集 > どのキャッシング会社を選べばいいのか?

どのキャッシング会社を選べばいいのか?


キャッシング会社選びは難しい問題ですが、
金利が低い方がお得なのは間違いありません。
ですので、単純に金利の安いところを選べばよい
ということになります。


確かにその通りですが、それは借りる人が、
過去に事故歴の無い優良な人かどうかによります。
金利が低い順番は、銀行系→信販系→大手上場消費者金融です。


金利が低くできるのは資金調達のコストが安いからです。
銀行系は系列の銀行から通常より安く資金調達できます。
また、上場している消費者金融も市場からお金を調達できます。


重要なポイントは貸し倒れる可能性がまず無いことです。
これらの金利の低い消費者金融の会社は
優良な人以外は融資しない傾向があります。


主要顧客は優良な顧客ばかりですので、
審査は当然厳しくなります。


ですので、何社も申し込むのが面倒で無ければ、
先ずは金利の安い銀行系に申し込んで、
後から高いところに申し込めば、と思うかもしれません。


実はこの方法をとると、思わぬ落とし穴が待ち受けています。


例を出すと、他社5件で200万円の借入がある人が
銀行系の会社に申し込んだとします。


申し込んだ結果、審査が通らなかったので、
同じ日に別の銀行系に申し込みました。


また審査が通らなかったので、
次は信販系の消費者金融に申し込みました。


そこでも審査が通らなかったので、
結果を待つのが面倒になり
今度は中堅の消費者金融に3社同時に申し込みました。


その結果、
どの消費者金融でも融資を受けることが出来ませんでした。


年収や職業によって変わってくると思いますが、
この状態では銀行系や大手から融資を受けるのは
かなり難しかったと思われます。


中堅の3社どこかでは
融資を受けられる可能性はあったと思われますが、
実際は全て融資を受けることが出来ませんでした。


それが落とし穴なのです。


どこの銀行でも同じことですが、消費者金融会社は、
貸付を行う前に審査
を行います。


審査をする際に信用情報機関を利用するのですが、
そこには過去の申込歴や、借入残高等が記載されています。


信用情報機関に、
数日間に何件もの借入の申し込みが行われていることがわかれば、
審査する側は、短期間に色々なところに申し込みしている事実から、
支払いに困っている人だ、しかも全ての会社が断っていると考えて、
要注意人物とみなされ、融資されない結果となったのです。


短期間に色々なところに申し込みしなければ
始めから中堅の消費者金融に申込みすれば、
融資を受けられた可能性が高かったという事になります。


消費者金融への申し込みは、どこでも良いのではなく、
自分の属性に近い会社を探すのが大切です。


※大口の商品やおまとめの商品があれば
銀行系や大手でも借入ができる場合があります。
商品内容はよく確認したうえでお申し込みください。


初めて融資を受ける場合は、低金利の銀行・信販系から、
その次に大手や上場の消費者金融の順に
申し込むのが良い
ようです。
2-3件借入の場合も、同様の方法で問題ありません。


4-5借入の場合は、銀行・信販系、
上場会社は相当難しくなってきますので、
属性が悪い場合は申し込みしないほうが良いでしょう。


属性が良い場合は、先ず一社に申し込んでみて、
もしNGなら次のところに申し込んでください。


5件以上の場合は上場会社や大手消費者金融はまず無理です。
その場合は、おまとめ商品や大口の商品を扱っている会社を
視野に入れる
のがいいでしょう。