トップへ > 優良業者に紛れ込む闇金に注意!! > 闇金業者の見分け方(2)闇金のリストをチェックせよ!!

闇金業者の見分け方(2)闇金のリストをチェックせよ!!

闇金業者の見分け方についてですが、下記のような金融庁や財務局のHPでは、闇金業者のリストを公開していますので、簡単に見つける事が可能です。


■金融庁が公表している闇金リスト
http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf

■財務局が公表している闇金リスト
http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/kashikin/akusitsu.htm


尚、上記の財務局は関東地区限定なので、
その他の地方の財務局はご自身で調べてください。

※このようなリストは常に最新のものでチェックするようにしましょう。


また、以下からは、このような業者は怪しい?闇金?というような闇金業者の手口、特徴について紹介していきます。


「無審査でOK」「ブラックでも100%即日融資!」などの広告を、見かけた事がある人は多いでしょう。私も電柱や看板などに貼ってある、それらの広告を見た事があります。すぐにでもお金が借りたくて困っている人を、煽るような広告です。


条件が良すぎる場合、ほぼ間違いなく闇金業者だと思っていいでしょう。無審査でOK、ブラックで100%即日融資なんて、絶対にあり得ません。


「こちらにすぐお電話を!」に載っている番号が、携帯番号だったりしますが、その場合もかなり怪しいです。
最近は、見た事あるような会社名を使っている闇金も多いです。大手の会社名を使用して、安心感を持たせようとしているのですね。


大手だからと無条件で安心してはいけません。広告内容が怪しかったり、電話してみたらその場で即融資OK、などは特に気をつけましょう。


無審査&ブラックOKなら、闇金でも申し込みたい!


そう考えて申し込んでしまう人が、実際多いようです。
しかし「おいしい話には裏がある」とはよく言ったものですね。闇金業者がもし本当に優良なら、世間でこんなに悪いイメージがつくはずはありません。


闇金業者に申し込みをして、融資可能になっても少額でしか貸付をしないようです。多額の融資はリスクを伴うからでしょう。そして利息がどんどん膨らみ、元金よりもかなり高い金額を請求されます。


完済出来たとしても、保証金や利用料など何かしらの名目で、お金を支払わされ続けるのです。


また個人情報なども、闇金業者同士で売買されているようです。違う業者から連絡が来て、安全そうだし返済に困っていたからまた借りてしまった…なんて事にならないようにしましょう。その悪循環が続いてしまいます。


闇金業者=ヤクザなの?


ヤクザが取り立てに来るシーンなどは、よくテレビドラマでも見かけますよね。キャッシングを利用しない人も、闇金はヤクザが絡んでいると考える人は多いでしょう。


そして実際に、ヤクザが経営している闇金も少なくないようです。しかし取り立てに来たとしても、あくまでも一般人です。消費者金融でも、経営者が簡単に出てくるなんて事はありませんよね。それと同じです。


そんなリスクの高いことは、ヤクザも出来ないのでしょう。そもそも闇金業者は、取り立てにわざわざ出向くこと自体、ほぼないようです。

そして、全ての闇金業者にヤクザが絡んでいるわけではありません。最初から一般人が経営している闇金も、実は意外に多いのです。


ここでの一般人とは、ヤクザ以外を指すわけですが、一般人の経営者とは具体的に、債務者が借金返済の為にやっていたり、消費者金融の元関係者であったりするようです。ヤクザではないにしろ、お金に絡んだ人たちが経営しているようですね。


闇金業者への対処法!


闇金を利用してしまい、取り立ての電話も来るし、もう終わりだ…と諦めてはいけません。簡単な対処法があります。


電話がかかってきた際に、ハッキリと「違法な金利は支払わない」と断るのです。怖がる事はありません。相手は違法な闇金業者なのですから、ここは強気でいきましょう。


また「徹底的に無視をする」というのも、実は意外に効果的です。脅しに全く動じなければ、いつまでも同じ利用者に構っていても、時間の無駄だと考えるのでしょう。


そして更に、闇金から受けた融資は、利用者が返済する義務は一切ありません。これは違法な金利で利益を得ようとした、闇金業者側に責任があるからなのです。


お金の件はいいとして、個人情報が流れているかも…と不安になった時は、警察へ連絡するのが有効です。同じような被害者もたくさんいるでしょうし、真剣に相談しましょう。必ず逮捕され、いくら闇金業者とはいえ、所在も明らかになるでしょう。